最近の記事
2010年05月08日

「第3のネットビジネス市場」をここで初めて公開

「第3のネットビジネス市場」をここで初めて公開

この手紙に書かれている情報が、初心者のあなたにとって唯一の不労収入への道であり、労働から開放され経済的自由を得るための最短距離な方法であると保証します。



 なぜそんなことが保証できるのか?

 なぜなら。
 私はネットビジネスを始めて4年経ちますが、さまざまなネットビジネスを試してきて、教材販売で個人で年商が1400万を越えるほど稼ぎ、100人を超えるネットビジネスの友人・知人から驚くべきネットビジネスのノウハウを聞きました。

 私はプログラマでもあり、mixi関係ツール、サイト自動生成ツール、イージーアフィリ、PPCキーワードメーカー、アドセンス風リンクボックス作成ツール、ユーチューブアフィリ支援システムなどなど、人々が「売ってくれ!」と殺到するようなツールを影で作っては公開してきました。

 しかし検証の結果、「第3のネットビジネス市場」ほど一般の人でも可能で、これほどほったらかしになって、しかも確実に収入になる種類のビジネスはないことがわかったのです。

 その「第3のネットビジネス市場」をここで初めて公開します。




 これらはほんの一部です。
 私が稼いでいるサイトは他にもまだあります。

 そして、収入は現在進行形で増え続けています。

 これらの結果は、確かにサラリーマンの年収をはるかに超えた結果を出しました。

 しかし、「本物の不労収入」に比べれば、これらの結果はまったくたいしたことはありません。

 「へえ。でも、これがどうだっていうの?」

 というくらいのことなのです。

 私がアンダーグラウンドで得ている、「本物の不労収入」に比べれば。

 本物の不労収入を実現すると、


●1・一度作ったら、永続的に収入になる
●2・作ったもののメンテナンスがほとんどないので、作るほど収入を増加できる
●3・顔をオモテにさらすことなく、ひっそりと多額の収入を得ることができる


 こうした恩恵が実現できるのです。
 こんなことは当然のことです。

 嘘だろ? と思うかもしれませんが、私はもう4年以上、この不労収入が続いています。

 今まで黙っていましたが、ネットで副収入だビジネスだと騒がれる前から、不労収入を知り自分で作り上げていたわけです。

 なぜ不労収入がそれほどまでに続くのか? 本物の不労収入とは?

 理由を説明しましょう。
本物の不労収入ってなんなのさ?

 じゃあその本物の不労収入って、なんだっていうんだ?

 その説明をする前に、ひとつ簡単な質問をします。

Q:あなたはなぜネットビジネスを始めようと思ったのですか?


●変化なくただ消化していくだけの毎日から脱出したいから
●給料が低く生活が苦しいのに、仕事が厳しいから
●家族を養うお金が欲しいから
●国があてにならず、老後など、将来の生活に不安があるから
●今の生活に自由がないから
●ネットビジネスで稼ぎながら、趣味を生活にしたかったから
●少しでも毎月のお小遣いが増えれば助かると思ったから
●借金を早く返したいから
●今の仕事が自分の夢とかけ離れているから
●嫌な上司、同僚がいる会社を辞めたいから
●会社が余計な人間関係の摩擦ばかりだから
●車やマイホームなど、買いたいものがあるから
●数ヶ月に一度、旅行に行きたいから
●自分らしく生きたいから


 そうです。
 私も、そんな希望を抱いてネットビジネスを始めました。

 しかし、現実はどうでしょうか?

 あなたはこんな気持ちに陥(おちい)っていませんか?

●アフィリエイトを始めたけれど、全然稼げない

 ブログアフィリは毎日PINGを打ったり、記事を更新したり、被リンクを作ったり…どちらも、日々の作業がいつ終わるのか、先が見えない…。

 しかも、作業がつまらない、虚しいので続かない。

 メルマガアフィリは面倒なうえに、スパムと言われる危うさがある。

 そして次々に現われるアフィリ手法。
 混乱し、いったいどのアフィリが稼げるのか? さっぱり見えてこない。

 アフィリエイトはASPを通して普通にやると、結果が出るまで少なくとも半年はかかるローリスク・ローリターンのネットビジネスです。

 さらに承認に1ヶ月以上かかり、承認はアフィリエイト依頼主の意のままです。
 そして、承認されても振込みにまた1ヶ月以上と、入金までの期間がかなり長いことも覚えておいたほうがいいでしょう。


●情報商材を作ってみたが、さっぱり売れない

 高額な教材を作るには、売れる分野の専門家が必要だが、まわりにその専門家がいないのでなかなか教材の作成が始まらず、見つけてもお互い時間がとれず1年経っても先に進まなかったり…。

 作っても高いものを売る方法がわからず売れなかったり…。
 人様が自分のものを買ってくれるのか? クレームが来たら? そんな恐怖もある。


●ヤフオクやせどりを始めてみたが、手間がかかりすぎる割に稼げない

 転売はもともと労働収入なので、毎月稼げる額に限界が。

 人を使うにしても、慣れていないのでなかなか組織化に踏み出すことができず…。

 サラリーマンをしている自分にとって、この作業は休日を潰す作業でしかないような氣もしてきた。


●2〜3万円もする情報商材を買ってみるものの、全然稼げない

 稼げるとの情報に思い切って2〜3万円単位で大金を払ってみたものの、専門用語でさっぱりわからなかったり、実践するのに抵抗があったり、難しかったり…。

 そうして次の情報を求めて情報商材を買ううち、情報商材コレクターのようになってしまった。


●覚えることがたくさんありすぎて、全然先に進まない

 特にアフィリエイトは、ブログやら、MTやら、テンプレートやら、PINGやら、被リンクやら、SEOやら、覚えなければいけないことがたくさんあり、それを身につけるだけでも精一杯。

 この勉強が終わるまでに、どれだけの時間がかかるのか?

 さらに、これらを実践するのに、どれくらいの時間を費やさなければならないのか?


●人を騙そうとする人が多い業界で、楽して稼げると煽られ続け、あきれている。自分も人を騙さなければいけないのかと思ってしまう

 情報を集めるうちに、スパムみたいなメールがたくさんくるようになった。なぜ1つの無料レポートを見たいのに、数十ものメルマガを購読する必要があるのか? そしてそのメルマガは毎日興味のない情報を延々とアフィリしてくるものばかり。

 正直、こんな業界にいて自分のためになるのか、疑問に思うことさえある。

 だんだんと自分が毒されてきているような氣さえする。人の役に立っている氣もしない。


●一時的には稼げるが、すぐに次の商品に取り掛からねばならず、常に忙しく、生活を維持できるか焦っている

 ネットビジネスは、作業時間の割に稼ぎがいいのは実感している。

 しかし、一時的に大きく稼げるものの、次々と施策を実行しないとすぐに資金が尽き、自転車操業状態になってしまうのが予想される。だから、常に焦っている。



 …あなたも、こんな気持ちになった覚えはありませんか?


 実は以前、これらを感じていたのはほかでもない私なのです。

 自分のやり方が悪いのか? と情報をかたっぱしから集め、1〜3万円ものお金を使って情報商材やDVDを買い、絶対儲かると言われるツールも買いました。

 有名な人のセミナーにも行き、名刺交換をし、人脈を作り…。

 でも思ったような利益が出ない。

 そんな自分にイライラを感じる毎日だったのです。

 …あることに気づくまでは。


 こうした現状は、あなたからなにを奪っていくのでしょうか?

 まったくの時間の浪費ではないですか?

 ベンジャミン・フランクリンは言っています。
「人生は時間でできている。もしあなたが自分の人生を愛しているのなら、自分の時間を大切にすることだ」

ベンジャミン・フランクリン
アメリカの政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者

 もともと、お金を稼ぐのは、自由な時間を得るためではなかったのか…?

 それが、逆にビジネスで時間を食いつぶすことになっているのではないか?

 そんな人が多すぎる。

 だからこそ私は、今までひっそりと恩恵を受けてきたこの「本物の不労収入」の存在を公開することにしたのです。

 しかしこれを作れる人には、条件があります。
不労収入獲得を失敗し続ける人の
8つの大失敗


 「本物の不労収入」とは、どうやれば作れるのでしょうか?

 そしてそれは、本当にあなたにもできるのか?

 確信を持って言います。

 もちろん、あなたにもできます。

 これから説明する、私が示す「8つの大失敗」を認識し、不労収入を得るための最低限の流れを知ることができれば、あなたの行動は自動的に成功、つまり不労収入の獲得へと向かっていきます。

 決断するということは、「決めて、断ち切る」ということです。

 あなたは本物の不労収入を得ることを決め、ほかのことを断ち切るのです。

 これはつまり、あなたが今まで経済的に自由に成れなかった理由を明らかにし、それを断ち切ることもであります。

 何事も半端な気持ちでは続かないことはあなたも知っていると思います。

 紙に書いて壁に張り出し、常に見て意識するくらいの気構えがないと、すぐに忘れ、意味がなくなってしまうので、以下のことは、必ずメモをして、張り出すようにしてください。

 では、「8つの大失敗」を説明しましょう。
 メモの準備はいいですか?

●1・労働収入に集中している

 あなたはもう知っているとは思いますが、改めて説明します。

 収入には

1・労働収入
2・不労収入

の2種類があります。

 労働収入とは、分かりやすく言うと1時間いくら、でもらえるお金のことです。

 これは「サラリー」とも言われます。

 サラリーマンは、会社から時間給をもらっているから、サラリーマンと呼ばれているわけですね。世界中のほとんどの労働者はサラリーマンです。

 しかしこのことの本質的に考えると、いったいどういうことなのでしょうか?

 ベンジャミン・フランクリンは言っています。人生は時間でできていると。

 つまり、たいていの人は「自分の時間を会社に切り売りしながら生きている」のです。

 あなたが会社に時間を切り売りするのをよしとせず、もっと自由に生きたいのであれば、このタイプの収入に集中すべきではありません。

 不労収入に集中すべきです。

 トップ1%のお金持ちは、労働収入ではなく、不労収入に集中しています。

 不労収入とは、家賃収入、書籍やマンガ、小説、CDの印税、そしてネット上に築いた「自動的に稼ぐシステム」を刺します。

 お金持ちは、俗的に言うと「寝ながら稼ぐ」ことに、集中しているのです。

 不労収入のための資産作りに、寝ずに自分の労働力のほとんどをつぎ込んでいるのです。

 それが将来的に「寝ながら稼ぐ」ことに繋がると分かっているからです。

 だから、これと同じように、あなたも労働収入ではなく、不労収入につながるものを見極めて、それに集中するようにしましょう。


●2・一攫千金を狙っている

 一攫千金ではなく、資産を作ることに集中しなければ、不労収入は得られません。

 「金持ち父さん 貧乏父さん」で世界に起業ブームを起こしたロバート・キヨサキによれば、資産とは、

自分のポケットに、自動的にお金を入れてくれるもの

です。

 先ほど「自動的に稼ぐシステム」と言いましたが、このシステムこそが、あなたが今作るべき資産です。

 インターネットを使うことが日常になった今、インターネット上にこのシステムを構築することができれば、誰でも不労収入になる資産を作ることができます。

 資産とは、捨てない限り永遠にあなたの手元に残るものです。

 積み上げるごとに、大きくなっていくものです。

 そして、自動的、継続的に収入を生み出してくれるものです。

 だから、手元に残らないもの、残っても再利用が可能でないもの、積み上げても端から崩れていくもの、そういうものは資産ではないので、作らないようにしてください。

 そして、自動的、継続的に収入を生み出すものを見極めてください。


●3・自分ですべてをやろうとする

 不労収入を得るには、自分がなるべく作業をしないようにする必要があります。

 あなたが資産を作ったとしても、それを維持するのに大きな労力を必要とするのなら、それは資産とはとうてい呼べませんし、それに手をかけている間は、資産を大きくすることができません。

 ですので、「ひとつ残らずすべての手順を自動化すること」を念頭にしてください。

 ただ、お金が振り込まれるのを待つだけの状態にするのです。

 それこそが、本物の不労収入になります。


●4・流行のテーマに集中する

 時代や流行に左右される商品を作ると、すぐにその商品はだめになります。

 そういう商品で一時的に大きく儲かるかもしれませんが、あとが続かないので、不労収入にはなりえないのです。

 多くの人は、一攫千金を狙って、あぶく銭のために自分の労力を使っています。

 それで稼いだお金がなくなったらまた一攫千金を狙う。

 これでは日銭でギャンブル生活する人となんら変りがないと思いませんか?

 しかも不労収入には絶対にならないので、延々とそれを繰り返すことになる。

 人間が存在する限りなくならないことをテーマにした商品を作るようにしてください。


●5・新しい情報に振り回され続けている

 インターネットが出現してから、人が目にする情報はその前と比べて1000倍以上になったと言われています。

 次から次へと、あなたを誘惑する新しい情報が出てくるわけです。

 これでは、本物の情報があってもそのうち頭の中から流されしまい、忘れてしまいます。

 集中力など、あったものではありませんし、楽で簡単なものばかりが目に付くので、それを買っては失敗し…の「バッド・スパイラル」(負のらせん)に突入してしまいます。

 私が見る限り、本当に大勢の人が、このスパイラルに陥っています。

 情報を遮断し、必要な情報だけを得るようにしてください。

 冗談で言っているのではないですよ。

 稼ぎたいのであれば、今すぐあなたの購読しているメルマガ、ブログなど、不労収入に関するもの以外は、すべて購読を解除し、ブログもお気に入りから削除してください。

 本当にあなたを経済的自由に導く情報だけを選んでください。

 フォーカスを定め、それに集中する。
 非常に大事なことです。


●6・失敗しなければいいと思っている

 「金持ちは、失敗しなかったから金持ちになれた」

 こういうことを言う人がいますが、これは真実を知らないまったく的外れな意見です。

 金持ちほど、失敗しているのです。

 金持ちは、数多くの失敗の中から成功が生まれることを知っています。

 だから、「たくさん失敗することを目標にした戦略」を取っているのです。

 早くたくさん失敗する道を自ら選んでいるので、大きな成功をいくつもつかんだわけです。

 つまり、リスクを恐れず、挑戦することが必要です。

 やってみてはじめて、なにが悪かったかわかり、方向修正ができるわけです。

 私も、もちろん成功するように考えますが、それで失敗しても構わないという姿勢で商品を作りますし、マーケティング施策を打ち出します。

 勉強ばかりしないでください。

 失敗しても全然構わないので、常に実践し、テストを繰り返し、成功パターンを身につけるようにしてください。

 自分に必要だと思われるものには積極的に投資し、リスクをとってください。

 たとえ損をしたって死にはしないのですから。


●7・できたらいいな思考

 「不労収入の作業をしようかな」
 「不労収入が得られることができたらいいな」
 「不労収入を得たいな」

 こんな覚悟では、不労収入が得られるはずもありません。

 短時間で資産形成をするには、計画を立て、毎日作業をする必要があります。

 「絶対にやるんだ! 死んでもいいから!」

 これくらいの決断は必要です。

 「絶対にやる!」という思考を、MUST(マスト)思考と言います。

 私はサラリーマン時代、この決断をしたあと、毎日2時間、不労収入への作業時間を死守するようにしました。

 あなたも、「不労収入の作業を絶対(MUST)にやる!」と、決断しましょう。

 そうすれば早ければ2週間で、本物の不労収入が発生するはずです。


●8・後でやればいいと思っている

 頭の中で考えているだけでは、収入は生まれません。

 勉強のためと書籍や情報商材を買って「なるほどな〜」と納得しても収入は生まれません。

 あなたはもちろん知っていると思いますが、行動することで始めて、収入は生まれます。

 そして、

 「面倒だからあとでいいいや」
 「このテレビ番組が見終わったらやろう」
 「よくわからないので、またあした」
 「今は決断したくないから、またあした」

 こうした後回しにするクセは、収入の発生を10年、20年先延ばしにしてしまう。

 そうしている間に、貴重な時間がどんどん過ぎ去ってしまう。

 人生は有限です。

 思い立ったら、今すぐ、やることです。

 次の瞬間に行動するクセをつけましょう。

 「あと」なんてないんです。

 今やると決断できないなら、それは一生やらないでしょう。

 決断できず、ぐずぐずしている人に幸運はやってきません。



 …どうでしょうか?

  この8つの大失敗のどれかにこころあたりはありませんでしたか?

 「だから混乱していたのか」「だからできなかったのか」というように思い当たるふしがありませんでしたか?

 あなたがこれからすべきことは、これらの大失敗を今この瞬間から二度と犯さないことです。


 多くの人は、無意識に楽をしようとしてこれらの罠にかかってしまいます。

 あなたの意思とは関係なく、無意識に。

 人は本能的に、無駄な行動を省こうとするのですが、「急がば回れ」の格言が示すとおり、楽をしようとすればするほど、本来得たい結果からは離れていきます。

 だから遠回りしても、確実性の高いビジネスをする必要があるんですね。

 「ちょっと待って! 確実性の高いビジネスって…?」

確実性の高い収入を
得られるネットビジネスとは?


 確実性の高いやりかた? そんなものがあるの?

 もちろんあります。

 現在、ネットビジネスにおける不労収入は、あなたもご存知の通り、大きく2種類あります。

 「アフィリエイト」と「高額な情報販売」です。

 しかし悲しいことに、これらのビジネスで結果を出している人はごくわずか。

 95%の人は「8つの大失敗」に見事にハマり、毎日毎日終わらない作業に明け暮れている。


 「月収100万」という甘い言葉に誘われ、労働収入であることにも気づかず、毎日メルマガを出してみたり、ブログを量産してみたり。

 中身のない情報商材を作り、信用を失ってリストを解除されては、また初心者のリストを集めたり…。


 「経済的自由を得たいという」ネットビジネス初心者は、みんなその罠にハマっています。

 それを輪廻のように、繰り返し、繰り返し、繰り返している。


 それが現状です。

 これらの方法は、95%の人たちにとっては、確実性の低いやりかたです。


 アフィリエイトは、強力なツールがないと稼げません。

 もしくは、会社のような組織力があれば稼げるでしょう。

 しかし、これは個人ではできませんね。

 さらに、今はアフィリエイトの認知が進み、多くの人が参入してきている。

 また、私はアフィリエイトは商品をコントロールできない点で、あまり人には薦めていません。


 高額な情報商材はどうでしょうか?

 これは、売れるネタはすでに決まっているのです。

 そしてそれらのジャンルは、先駆者があらかた陣地を張り、参入障壁を高め続けている。

 そこに切り込むには、高いスキルを身につけるか、高いスキルを持った専門家を引き連れるかして、高度な戦略を取って割り込む必要があります。

 しかしそれも、一般の人には難しいのです。


 じゃあ、もう無駄だっていうの?

 いったいどうやればいいっていうのさ?


 大丈夫です。

 「第3の市場」

 が、あります。

 この市場に取り組み始めた方の声をお聞きください。
eBookSecret ネットビジネス第3市場
posted by ネットビジネス成功 at 13:27 | ネットビジネス成功への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ネットビジネス成功へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。